\コインチェックの口座開設&入金で1500円分の仮想通貨をもらっちゃおう/Check

コインチェックの入金方法|おすすめのやり方と注意点を画像つき解説

  • URLをコピーしました!

こんにちは。仮想通貨好きの元銀行員 さら です。

コインチェックの口座開設ができたけど入金のやり方に自信がないです。
間違わずに入金する方法が知りたい。
入金の方法がいくつかあるみたいだけどどの入金方法を選べがいいかわからない。

今日はこんなお悩みを解決する記事を書きました。

さら

入金が完了すればいつでも仮想通貨を購入できます。
一緒に仮想通貨購入の準備を整えましょう!

コインチェックの口座開設をするト>>

口座開設がまだの方はスマホで簡単にできるのでこちらの記事を参考に作成してくださいね↓

コインチェックの銀行振込とクイック入金ふたつのやり方を解説します。

この記事を読めばコインチェックへの入金を安心してできるようになるのでぜひ参考にしてくださいね!

目次

コインチェックに日本円を入金する方法【手数料無料にする方法あり】

コインチェックには日本円の入金方法が3種類あります。

  • 銀行振込
  • コンビニ振込
  • クイック入金
さら

3種類の方法がありますが、
手数料を無料にする方法がある「銀行振込」を1番におすすめします。
入金反映が早いのは「クイック入金」です。

今回は「銀行振込」と「クイック入金」のやり方を解説します。

銀行振込のやり方

コインチェックのアプリを開きます

①ホーム画面から下の「ウォレット」をタップ。

②「入出金」をタップ

入金」をタップ

GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」を選んでタップ

表示された口座に銀行から振込をします。

住信SBIネット銀行に振込をする場合は振込人名義の前忘れずにユーザーIDの番号を入力すること!忘れてしまった場合は「お問い合わせ」から問い合わせましょう。

ユーザーIDの番号を入力せずに住信SBIネット銀行に振込してしまった場合のお問い合わせ方法

①スマホの場合はアプリの下の「アカウント」をタップ。

②下の方にスクロールするとある「FAQ/問い合わせ」をタップします。

下の方にスクロールして「日本円入金のお問い合わせ」をタップ

フォームが出てくるので入力して問い合わせましょう。

お問い合わせをするとなんとかなりますが入金反映に時間がかかるのでユーザーIDの入力を忘れないようにしましょう。

手数料無料で振込む2つの方法

①ネット銀行の振込無料枠を使う

最近はインタネットバンキングを使った振込の場合、他行あてでも振込手数料月に数回まで無料でできる場合があります。

②「あおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」を使う

この2つの銀行からは無料で振込ができます。

クイック入金のやり方

クイック入金は銀行振込よりも入金額の反映が早いです。

金融機関の営業時間に左右されずに、24時間365日手続きが可能です。

でも手数料は高いです。

【手数料は以下の通り】

3万円未満770 円
3万円以上50万円未満1018 円
50万円以上入金金額×0.11% + 495 円
コインチェック公式サイトより引用して作成(2022年4月現在)
  • 時間に余裕を持って事前に「銀行振込」をするのが一番おすすめですがどうしても早急にコインチェックに入金したいという場合は「クイック入金」を選択しましょう。
  • また、入金日から7日間、入金相当額の出金・送金・振替ができない点に注意!

途中まで「銀行振込」と同じです。

この画面で「クイック入金」をタップします。

お支払い情報を発行」をクリック

再度「お支払い情報を発行」をクリック

  • お支払い金額合計」「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」「お支払い期限」が表示されます。
  • 利用している銀行のインターネットバンキングやATMでPay-easy(ペイジー)決済をします。

まとめ

コインチェックには銀行振込コンビニ入金クイック入金の3つのやり方がありますが

  • 手数料が抑えやすい「銀行振込」がおすすめ。
  • スピードを重視したい時は「クイック入金」を選びましょう。

コインチェック公式サイト>>

クレジットカードや電子マネーなど、支払い方法がどんどん多様化してきています。

仮想通貨も決済手段のひとつとして需要がどんどん拡大してきています。

無理のない金額で、いまから仮想通貨を購入しておくとい将来大きく成長してくれるかも。

入金まで完了したらいつでも仮想通貨が購入できます。

コインチェック概要

・ その使いやすさからアプリダウンロード数国内取引所NO.1

・ 取扱通貨数は17種類と国内トップクラス

(うち、取引所で購入できるのはBTC、FCT、ETC、MONA、PLTの5種類)

・ NEM流出事件後、マネックスグループ参加に入り現在は高水準のセキュリティー対策が施されている。

・ 銀行口座引き落としで仮想通貨積立ができる

コインチェック詳細(公式サイト)>>

今ならキャンペーンやってますよ!

コインチェック

最後までありがとうございます。

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨好きの元銀行員。2017年仮想通貨投資開始。現在20種類超の仮想通貨保有中。
仮想通貨投資で難しいと感じたことをわかりやすく発信していきます。

7歳の娘がいて、おうち英語にも励んでいます!

つみたてNISA /ジュニアNISAでインデックスつみたて投資も実施中!

twitterもやってるのでぜひフォローしてくださいね!

目次
閉じる