MENU

資産運用は難しくない!【毎月積立ドルコスト平均法がオススメな理由3点】

  • URLをコピーしました!

ドルコスト平均法という言葉を聞いたことがありますか?

難しそう響きですよね。

私は最初にドルコスト平均法という言葉を聞いたときは

「なんだかおどろおどろしい名前だな」なんて思ったものです。

だけど実際の中身としては

毎月コツコツ一定の金額ずつ運用商品を購入する”という

かわいい運用手法なのです。

一番簡単な投資方法とも言えるのではないでしょうか。

毎日お仕事や家事・育児が忙しく、

「運用についてなんて気を配っている暇はない!」と思う方に

オススメなのがドルコスト平均法を使った運用です。

本記事では

毎月一定ずつ積立で運用するドルコスト平均法のしくみと魅力について書きます。

・積立投資をはじめようか迷っている方、

・もうすでに積立投資をはじめているけど、本当にこのままでいいのかなと揺らいでいる方

に読んでいただきたいです。

早速ドルコスト平均法がオススメな理由を紹介します

理由1

平均購入単価を安く抑えられる

運用商品を安い価格で購入するって慣れている方でも結構難しいのです。

ですが、ドルコスト平均法で毎月一定金額ずつ買っていくだけで

長い目で見ると平均購入単価を安く抑えることができるんです!

毎月一定の口数ずつ買った場合と比べてみましょう。

トマトを例に使ってみます・・・(笑)

トマト
1個の価格
1か月目
100円
2か月目
50円
3か月目
200円
4か月目
100円
合計&1個あたりの平均価格
毎月1,000円ずつ購入10個買える
1個=100円
20個買える
1個=50円
5個買える
1個=200円
10個買える
1個=100円
4ヶ月で45個(総額4,000円)
1個あたり約88円
毎月10個ずつ購入10個
1,000円払う
10個
500円払う
10個
2,000円払う
10個
1,000円払う
4ヶ月で40個(総額4,500円)
1個あたり約112円

このように、毎月一定金額ずつ買ったほうが

1個あたりの購入価格を抑えることが出来るのです!

毎月一定金額ずつ購入する場合は、

・高い時には少ない個数を購入

・安い時にはたくさんの個数を購入する

ということを繰り返していくからこのような差が出てくるのです。

投資に関しても同じです

トマトでも投資信託のような運用商品でも安く買えたほうが良いですよね!

プロでも投資のタイミングを見極め、割安で入することが難しいと言われています。

ドルコスト平均法は誰でも利用できる割安で運用商品を購入する方法です。

ということで、

ドルコスト平均法がオススメな理由の1つ目は 「平均購入単価を安く抑えられる」からです!

理由2

長期保有しやすい

まとまった金額を動かすことと比べると、

毎月こつこつ積立てたお金って意識の外にいきやすいですよね。

それが運用商品を長く保有する秘訣です。

まとまった金額で投資した後に下落でもして、

世の中のニュースが相場を左右する上でくらいニュースばっかりだったとしたら・・・

「これ以上損しないうちに売却してしまおう!」

と焦って売却して損失を確定してしまう可能性もあります。

実は私も何度もそんな経験をしました。

一方積立投資している分に関しては、

リーマンショックの時ですら、惑わされずに保有し続けることができました。

それどころか、「今月もまた安い価格で購入できるな」なんていう余裕すらありました。

10年後・20年後・30年後に殖えていてくれればいいので。

ということで、

ドルコスト平均法がオススメな理由の2つ目は、「長期保有しやすい」からです!

理由3

運用することに対して時間や脳を消費しなくていい

積立投資は毎月決まった日に一定の金額を投資するだけなので

時間を浪費したり、考えをめぐらせて悩んだりする必要はありません。

金融機関には投資信託の毎月自動積立できるサービスがあるので

一度設定してしまえば後は何もしなくてOKです。

運用ってどんなに色々調べたり勉強したりしても、思わぬことが起きて相場急変ということはよくあるものです。

だったら仕事や家事育児で忙しい中、

また貴重な趣味や息抜きの時間を犠牲にしてまで

運用に関する情報収集するのってちょっともったいないですよね。

運用は長期勝負です!

なるべく時間と脳(気持ち)を浪費しないことが大切です。

ということで、

ドルコスト平均法がオススメな理由の3つ目は

「運用することに対して時間や脳を消費しなくていい」からです!

✔まとめ

ドルコスト平均法って難しそうな名前だけど

「毎月決まった日に決まった金額を少額ずつ投資していく」だけです。

そのドルコスト平均法がオススメな理由3つ

1、「平均購入単価を安く抑えられる」

2、「長期保有しやすい」

3、「運用することに対して時間や脳を消費しなくていい」

すごくシンプルなことですが参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ドルコスト平均法運用を非課税できる

つみたてNISAとiDeCoについての関連記事もあるので

あわせて読んでいただけると嬉しいです!

関連記事→【つみたてNISAとiDeCo】資産運用ではじめよう!老後資金の準備

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる