MENU

【おすすめマイルプログラム】ユナイテッド航空が一押しな3つの理由

  • URLをコピーしました!

こんにちは、さらです

コロナが終息してきたらそろそろおもいきった旅行がしたいですよね!

特に海外にはここ数年とても行ける状況ではなかったですよね。

もともと私は海外旅行が好きですが、行けても1年に1回ぐらいです。

仕事で海外出張があるわけではないですしなかなかマイルを貯めにくいタイプの人間です。

そこで!!

今回は海外には時々しか行かないよ!と言う方にオススメしたいマイレージプログラムについてご紹介します

それはズバリ、ユナイテッド航空のマイレージプラスです。

時々どこのマイルを貯めてるの?と聞かれた時に「ユナイテッド航空」というと

えっ??と驚かれることがあり、意外とJALやANA以外のマイルを貯められることを知らないことが多いのかなと感じます。

でも全然難しいものではありません。

ユナイテッド航空の特徴やオススメの理由をご紹介いたします。

目次

ユナイテッド航空とは

簡単にユナイテッド航空のご紹介をします。

ユナイテッド航空はアメリカ3大航空会社の一つです。略称は『UA(United Airlines)』

日本でいうANAやJALのような存在です。

アライアンスはスターアライアンスなのでANAと同じグループです。

*アライアンスとは航空会社のグループで世界に『スターアライアンス』『ワンワールド』『スカイチーム』の3つのアライアンスがあります。

同じアライアンスの提携航空会社の場合、マイルの相互利用が可能です。

なので同じくスターアライアンスに加盟しているANAをよく利用される方は特にオススメです。

ユナイテッド航空のマイレージプログラムの名称は「マイレージプラス」

ちなみにANAのマイレージプログラムの名前は「ANAマイレージクラブ」、

JALは「JALマイレージバンク」ですね。

そんなマイレージプラスの魅力を3点ご紹介します

マイレージプラスの魅力

ではここからユナイテッド航空のマイレージプラスの魅力に迫っていきます。

有効期限なし!

つまり無期限です!!パチパチパチパチっと拍手喝采が聞こえてきそうです!

実は私学生の頃からJALやANAのマイルをちょこちょこ貯めていたんですけど、

貯まる前に有効期限が切れてしまって結局マイルを使って旅行に行けないんです。

頻繁に旅行に行ってバンバン貯まる人やステータスが上のクラスの方なら

有効期限が実質なしなのかもしれませんが、そんな方は少数派だと思います。

JALもANAも一般会員のマイル有効期限は36ヶ月なので3年の間にマイルを貯めて使わないと消滅してしまいます。

無理ゲーと感じるのは私だけでしょうか。

しかも焦って期限内に旅行に行かなきゃってなってソワソワしてしまいそうです。

マイルをSKYコインに変えたりもできますがそのコインの有効期限も約1年で切れてしまいます。

そんなわけなので有効期限がないユナイテッド航空のマイレージプラスは心に余裕が生まれますし

じっくり貯めらるのでほんとうに嬉しいです。

マイルが貯まったらそのつど、旅行に出かけるのもいいですし、

私は老後までずっと貯めて、年金生活になっても海外旅行に行けるように貯め続けようかなとも思ったりします。

考えるだけでワクワク。

まあ人間いつ何が起きるか分からないのでマイルをどんどん使っていって、浮いた航空券代を貯金や投資で将来の楽しみに取っておくというのがベストですかね!

続いて次のおすすめポイントも激アツですよ…

燃油サーチャージがかからない

わー!!という歓声が聞こえてきそうなのは私だけでしょうか?

JALやANAのマイルを使って航空券を取ったとしても別途燃油サーチャージは自己負担でかかってくるのですが、ユナイテッド航空のマイルを使って取った航空券は燃油サーチャージがかかりません

燃油サーチャージはバカになりませんよね。距離があると往復5万円ぐらいかかることもありますし

今後燃油サーチャージは上がっていく可能性もあります

せっかくマイルで航空券をゲットできても燃油サーチャージに数万かかると「うっ」となりますよね。

燃油サーチャージがかからないなんて本当にお得です!

旅行先のホテル代やレンタカー代も捻出できちゃいそうです!

これは本気でめちゃくちゃ嬉しいです

続いて

ANAの国内線・国際線の特典航空券が使える

ANAとは同じスターアライアンスなので当然ですが、ANAの国内線にも利用できるので海外系の航空会社のマイルでも利用の幅は非常に広いです。

しかも場合によってはANAのマイルよりも少ないマイルでANAの国内便が利用できます。

距離や時期によってはユナイテッド航空のマイルを使った方がお得になります。

特にハイシーズンはユナイテッド航空のマイルの方がお得になりやすいです。

子供が学校に上がる前は旅行代が高い時期を避けて行ったり増していましたが、

学校に上がるとやはり夏休みや冬休みが旅行に行くタイミングになりやすいのでありがたいです。

え?じゃあ日本人でも無期限でゆっくりマイルを貯められて必要マイル数が少ない国内線でも使えるならほとんど旅行に行かなくてもユナイテッド航空のマイル貯めた方が良くない?ってなりますよね。

ちなみにANAやJALはマイルを購入するということができないのですがユナイテッド航空はマイルを購入することもできます。行きたい旅行先の航空券をゲットするにはほんのちょっとマイルが足りない。なんて時にちょっとマイルを買うということも可能です。

マイレージプラスの魅力のおさらい

・有効期限がない

・燃油サーチャージがかからない

・ANA国内線にも利用できる

このような魅力にひかれて、私はユナイテッド航空のマイルをメインで貯めています。

ユナイテッド航空のマイルを貯めはじめて8年ほどになります。

その間一度も航空券に変えて使ってはいませんが現在、夫婦で約46万マイル貯まっています。

ハワイが往復55,000マイル必要なので、一人分だとハワイと日本を8往復できます。

二人とも飛行機は決してたくさん利用する方ではないのですが

マイルの有効期限がないので時間をかけてじっくり貯めたら

結構まとまったマイルを貯めることができました。

ちなみに同じアメリカの航空会社、デルタ航空のマイルプログラム「スカイマイル」も同じ特徴を持っています。(アライアンスはスカイチーム)

旅行先によってはユナイテッド航空の所属しているスターアライアンスでは取れない航空券の時がありますのでサブでデルタ航空のマイルも貯めています。

サブなので全然マイルはたまってませんが有効期限がないので、いつか使えればぐらいに思っており、機会があれば貯めていくという感じです。

飛行機ライトユーザーの貯め方

貯め方を簡単に紹介します。

航空券を購入したときに貯めるのはもちろんなんですけど、私はいわゆる陸マイラー…

主にクレジットカード利用で貯めたり、提携先でのショッピングやサービス利用で貯めています。

ちなみに何度も言いますが有効期限がないので無理に貯めなくても、

たまに飛行機を利用した時にマイルを貯めて長い年月かけて、飛行機利用だけで貯めてもOKです。

ちょっと頑張って貯めたい場合の紹介なので参考にしてください。

クレジットカードを利用して貯める

クレジットカードはMileagePlusセゾンカードです。

ゴールドやプラチナなどもありますが私はスタンダードのやつを使っています。

そしてマイルアップメンバーズに加入しています。

通常は1000円につき5マイルですがこのマイルアップメンバーに加入していると1000円につき15マイル貯まります。

クレジットカードやマイルアップメンバーはともに有料なので結構本気で貯める場合じゃないともったいないかもしれませんがご参考に。

セゾン公式サイト

ユナイテッド航空のMileagePlus Shopping Japanを経由してお買い物をする

ショッピングの場合はユナイテッド航空のショッピングモール(MileagePlus Shopping Japan)を経由してお買い物をする方法があります。

MileagePlus Shopping Japan参照

提携先もけっこう親しみやすいですよね。

提携先の写真はほんの一部でたくさんあります。

その他、国内にもあるホテルやレストランで貯めることができるところがあります。

海外旅行の際は、ユナイテッド航空と提携しているレンタカーの会社もあります。

ショッピングや提携先サービスの利用で貯まるポイントはちょっとずつではありますが、

有効期限がないのでゆっくり貯められます。

ユナイテッド航空のマイレージプラスは無料なので加入して損はなしです!

国内の航空会社のマイルは有効期限到来でなかなか貯められないという方も

ユナイテッド航空やデルタ航空のマイルを貯めることに挑戦してみてはいかがでしょうか??

マイレージプラスについての詳細→ユナイテッド航空公式サイト

ホームページなどがちょっとわかりにくいのですが、

ユナイテッド航空の公式サイトからマイレージプラスに加入ができます。

最後までありがとうございました。

それではまた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる